FC2ブログ

Merkmal@prosopopoeia

趣味の3DCGの途中経過をだらだら書いていきます

ちょっとずつ世界を広げる

電気小物(箱型)
周りにある電気小物(コードがつながった四角いものばかり(笑))を作っていましたが、文具にも手を伸ばしてみました。

カッターモデリング02
カッターモデリング01
カッターナイフ。マテリアルを入れる前のほうがカッコイイと思うの(笑)で、この状態でアップしますん。


追記
カッターマテリアル
マテリアルをあてましたん。



そんな虫のいい話

毛虫お食事中
毛虫の人気お食事処
毛虫大混雑
ひゃーっ!!大混雑。
虫にとっては大人気のお食事処ってとこでしょうか。

ここの店主は

ブロッコリー
コレ、ブロッコリー。
いやー、葉っぱには大量に虫がついてるけど、本体にはついてないみたいで助かったわー、なんて思ってましたがそんな虫のいい話はなく、茹でてみると、やはりいくばくかの「やつ」がきれいに茹で上がっておりました。ま、ていねいによけたうえでブロッコリーは食べたんですけどね。

石膏とシリコンのあいだ

ShadeもProはボリュームレンダが使えるんだから使わない手はないでしょってことで、うちの形状にあててみる。

今までは発光を使った「ニセSSS(笑)」、Proには「SSS」も搭載されているんですが「それ」には懐疑的なので(笑)、まぁ、減衰距離が設定できればそれでよしっ!的なスタンスで。

ボリュームレンダ_01
全部なし(笑)。我が家の形状も発光を入れなければ、ただの色付き石膏の肌合い。
拡散色とか、透過色とかの色味自体の検証はあとでやるのでまずはそれっぽい色を適当に入れて、減衰距離に微々たる数値を入れてみます。

ボリュームレンダ_02
ちょっと効果がでているようです。
ではもうちょっと多めに入れてみます。

ボリュームレンダ_03
ふむ。耳が後ろからの光源に透けだしました。
では、アホ程大きな数値を入れてみます。

ボリュームレンダ_04
当然こうなります。
しかし、この透け具合、荒さとか屈折とかには反応してないような気がしますが、それでいいのか、だめなのか、そこはよくわかりません。
ここまでは、確か(笑)いつもの発光も、ボーリュームレンダの発光も使っていないはず。
それらを使ってみると

ボリュームレンダ_05
こんな感じ。
ま、ボリュームレンダの実験なんで、シリコン的な感じまではいくよね。後はスライダの微調整をチクチクしていって納得ポイントを見つけるしかない…あとは表皮感をどうだすか、まずは、表皮イメージをちゃんと描けって話なんですが。

ボリュームレンダ_06
唇の色がちゃんと出るように制御するだけでもだいぶ雰囲気がかわりまする。

コンセントレーション

とりあえずShadeをいじるぜっ、てことで、何を作るか考えてたらまた作らなくなるので(笑)、

とりあえず手を動かす
目の前にある電源タップをつくりました(ありがち・笑)。疑似ブーリアン大活躍の巻。

床のテクスチャは、カッティングマット代わりに使っているベニヤの写真を撮って使っています。

ロクデナシのカベ

今までPC作業は、机に椅子の体制でやっていたんですが、座卓に座椅子の体制のほうが楽だなってことで、「部屋の模様替えをするまでは遊びのPC作業を封印」ってなことをしてたらすっかり間が空いてしまいました(笑)。

ついでに、というかその流れでというか、自室の壁は化粧合板なんですが、そこに壁紙を貼るっていうのにも挑戦してみました。

壁紙をはろう01
壁紙をはろう02
全体にサンドペーパーをかけ、スジにパテを埋め、さらにシーラーで不陸調整、壁紙の生のりが吸い込むように捨て糊を塗り、壁紙を貼ると

壁紙をはろう03
こんな感じ。ライトのあたり方によっては継ぎ目がわかっちゃったり(笑)。なにごとも練習です。


 | HOME |  »

Calendar

« | 2019-08 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

Kishida

Kishida

Merkmal@prosopopoeiaへ
ようこそ。
趣味で3DCGをしている
ハゲおやじです。