Merkmal@prosopopoeia

趣味の3DCGの途中経過をだらだら書いていきます

スピーカー群

サラウンド環境

リア用にと、もう何年眠っていたのかわからない物置にあったステレオのスピーカーを引っ張り出し、センタースピーカーもジャンク品をゲットして5.1chになりました(「とりあえずかき集めた感」満載ですが・笑)。
映画DVDもアンプ内臓の音場プログラム(エフェクト)の本領発揮でいい感じ。
というわけで、なかなかのサラウンド環境が手に入ったので最近すっかりご無沙汰だったDVD鑑賞を再開です。邦画は時節柄(笑)カーリング青春映画「シムソンズ」洋画は「チェンジリング」あたりからいこうと思います。
で、映し出す画面はまだブラウン管(笑)。

リア用にしたスピーカーは3Wayだし、メインとしても使えるかなとも思いましたが、中高域がのびる今の自作スピーカーからみると高音が丸まってる感じでした。でも低音は出るのでリア用ウーファーはいらないね。しかしでかくて置き場に困ります。

絶対応援主義(笑)

オリンピックも前半が終わりそうなところで、「複数の競技でメダル」っていう私の希望は早くも達成されてしまいました。日本の選手は大体自分の今もっている力を出せている感じですね。時間帯がよく、ノルディック複合の小林選手が一瞬トップに立ったところをLiveで見れたり、整氷機の故障のおかげでスピードスケート男子500mのメダルの瞬間が見れたりと、なかなかTV観戦状況もいい感じ。私のケータイはワンセグなしなので、gigabeat(ワンセグ付携帯プレイヤー)も活躍中(笑)。

後半はなんとか団体競技のメダルをひとつでも・・・(アレとアレは生で見れそうだし、アレは寝ない覚悟で(笑))

WEBチョコ(笑)

WEBチョコ
義理チョコとか、友チョコとかの親戚のWEBチョコ。ここを見に来てくれた人・・・す、好きです(笑)。

そういえば今はC4Dを使ってるKagaさんが「CARRARAの物理シミュは床抜けが多くて精度が悪かった」って書かれてますが、「そうか、そうなんだ!Kagaさんが使っても床抜けしてたんだぁ」。私も時々そんな感じになってましたが、自分の設定が悪いのかと思ってましたが、精度の問題だとわかって一安心(なのか?・笑)。私的には、どうせ遊びでちょっといじるだけだから多少精度が悪くてもこの価格で遊べる程度のphysicsをつけてくれてるだけでありがたいです(笑)。

五輪ピック

いよいよ、バンクーバーオリンピックですね。
私は結構楽しみなんですよね。というのも「メダルが取れるか取れないかわからない競技」が今回そこそこありそうなんですよね。
応援する身からすると「絶対メダル間違いなし」や「絶対メダル無理ッ」っていう競技を見るより「取れるかどうかわからんぞっ!もしかしたらメダルいっちゃうんじゃねぇ」って感じの競技を応援するほうが盛り上がりますからね。
ですから全然取れないかもしれないし(それはしょうがない)、そこそことっちゃうかもしれない(といっても個数はしれてるけどね)。
自分的には複数競技でメダルがとれるといいなぁって感じ。もうちょっというと、団体競技で2個ぐらいメダルが取れてそれをライブで見られればうれしいって感じでしょうか(欲張りすぎか・笑)。
入賞は量産できそうなんでそこからいくつメダルに化けるかって感じだと思うんで熱烈応援しちゃうぞーっ!

ソリッドで行こう

トリュフチョコ
2月14日はチョコレートの日ってことで(笑)、今年はトリュフチョコレートを作ってみました。
CARRRARAのTerrainシェーダの検証をしているときに「コレはトリュフチョコに使えるっ!」って思ったんですよね。

元はただの球なんですけど、バンプにTerrainを使ったり、ディスプレイスメントにNoiseFactoryやTurbulenceを使ってでこぼこさせています。床面にココアパウダーが散っているように見えるのもシェーダー処理です。これはcolor1とcolor2のブレンドにTerrainのsimpleってのを使ってみたものです(芝生のハゲ具合なんかに良く使われてるみたい)。

っていうように2Dのイメージテクスチャを外部から持ってこないでアプリの処理だけで材質設定をすることをソリッドテクスチャっていいます?いいません?言わないのかもしれないけどカッコイイので(笑)便宜的にそう呼ぶことにします。CARRARAはシェーダーのいろんな項目にいろんな設定を当てられるのでアプリ内だけでかなりのことができます。

そのCARRARA、8betaは既に出ているのですが、ソフトボディに使うBullet Dynamic Engineはまだ載ってない模様です。ですので落としていません。製品版には載る予定だとか予定でないとか(笑)。

JUNK AUDIO

ジャンク品のアンプを買って結構「鳴る」ようになった自作スピーカーですが、図体がでかいわりにやっぱり低音の量が少なめなんですよね。ですからサブウーハー(アクティブ)を追加しようと思いまして、アンプと同じく中古のジャンクコーナーからYAMAHAのsw45という小さいサブウーハーをゲットしました。

サブウーハ
        ↑コレ

ジャンクじゃない中古のところにはSW160や、SW205というわりとちゃんとしたのも(笑)あったんですが、ほんのちょっと低音の量を増やしたいだけだし2100円ならまぁダメでもそれほど悔しくないか、ということで追加してみました。やはり切れのいい低音ってわけにはいきませんが、質のいい(と思ってる・笑)中域をじゃましない程度にちょっと鳴らすと音全体の表情が豊かになっていい感じな感じがします(ほぼプラシーボ効果・笑)。DVDのときは下品でもいいのでどんどこ鳴らすと映画館みたいでかっこいいです。
こうなると次はリアスピーカーをプラスして4.1chでしょうか。ただ音楽を聴くだけなら現状でいいし、ジャンクのスピーカーばかり増やすのもどうかと思いますが(笑)アンプは7.1chまでいけるようなので夢は広がりますけどね(笑)。

Oh!スモウ

私は大相撲は「純粋競技プロスポーツ」とは思っていないのでシラーッと相撲協会に対する過熱報道ぶりを眺めてるんですが、おもしろいなぁと思うことがいろいろありますね。

まず理事選。一門で決めた人に投票しないといけないのはおかしい、投票後造反の犯人探しをするのは選挙の体をなしていない、マコトに古い体質だと憤慨してる雰囲気もありますが、総理大臣を決める首班指名で民主党の議員が自民党の候補に票を入れたら(反対でも同じ)造反だ、誰だッ!とかになると思うんですけど、それと同じなんじゃないのかしら?「党議拘束」ならぬ「一門拘束」がかかるのはそんなに不思議だとはおもわないけど。もともと小さい閉じた社会の中でのことですしね、選挙じゃなくていい気もするけど。どうしても選挙にしたいのなら票の半数以上を外部の票にするとかね。

そして朝青龍の引退の話。理事会中、「このままだと解雇になるから自ら引退したほうがいいぞ」といわれて引退を決めたって話で、解雇じゃなくて引退でよかったって雰囲気みたいだけど、解雇だと退職金が出なくて引退だと退職金が出るなら、「解雇」通告が出そうだから「引退」したほうが得だぞってのを「温情」という名で朝青龍に漏らしてるわけですよね。たぶん億単位の金が動くことなんでしょうから、そんなのってずるくない?まさにインサイダー取引談合体質八百長引退なんじゃないの?と、思うのですが(笑)、その辺はまぁ、なぁなぁでいいじゃない?というなら理事選もなぁなぁでいいんじゃない。

なんてね(笑)。

 | HOME | 

Calendar

« | 2010-02 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

Kishida

Kishida

Merkmal@prosopopoeiaへ
ようこそ。
趣味で3DCGをしている
ハゲおやじです。

FC2Ad

まとめ