Merkmal@prosopopoeia

趣味の3DCGの途中経過をだらだら書いていきます

背景化

拝啓、部屋の中より。
今いじってる部屋(って何回か書いてるけど、ほとんどいじってないんだけど)をライトプローブでレンダし背景化しました。500×500。

解像度が低いのでその背景部分自体をみせちゃうとしょぼいので上からのアングルで

映り込みが少ないけど
板の上にミニカーを置いただけのシーンに作った背景を適用。

黒締めでシメシメ・・・
黒締め(っていうんですかね)の黒幕を画面奥に置いて無限遠もちょっといれて、被写界震度もちょっとつける(被写界震度て。わかった、モーションブラーのことだな・・・いえ違います被写界深度のまちがいでした)。

背景は見えてないわ、反射はそれほどでのないわで、あんまり背景の効果はわかりませんが、まぁいい感じ。

やりたいこととできること

下の記事の形状をコネコネいじっていたら、

そっちじゃないのよ~
こんな感じに。

ちかうよねぇ~。ちがうのよねぇ~(笑)。
ドールのヘッドとして全くナシかっていうとそうでもない気もするけど(ちょっとブライス寄りだよね)、やりたいこととは全然ちゃうのよねぇ~。
まぁ、しょうがないやね。当分バランス遊びができるんだ、と、いいように考えよう(笑)。

全方位発毛

昨日のHair問題が気になったので再チャレンジ。

まず、ShadeBasicでも法線表示とか、法線の統一とかできるのね。
すると法線は問題ない。ということでCarraraに持っていってけはえ薬をぐりぐりぬってみる(Grow Region Toolで面をなでる)と、

全方位発毛
あれっ、ちゃんと発毛してるじゃない。

ところが、形状にサブデビをかけてみると

あっ、アシンメトリー
オゥノーッ!やっぱりかたよるぜぃ。

確定しちゃえばだいじょうぶ
でもサブデビを確定(Convert)してしまえば大丈夫なようなので、よかった、よかった。
Shade側の問題じゃないってのも良かった。要は毛を生やしてからサブデビをかけちゃだめってことね。でも、前からこんな仕様だったっけ?

ドール系への憧憬

ドールって要素(と、ポリゴン)が少ない分自分にとってのいいバランスとは何かとか「ひきつけられる魅力」とかを練習するのにはいい対象かもしれない。

っていう言い訳の8割ウソで、古本屋でドール関連の雑誌を見ていたら、ドール特有の唇形状が気になりました。
特にビスクドールな感じのちょっと上唇がとがった感じの赤ちゃんみたいな唇ね。あれをちょっと作ってみたいと思ったのね。

ドールの唇01
ドールの唇02
あれできっと女の子の母性本能をくすぐろうって作戦なんだな(笑)。

ブライスもかわいいけど、あの唇は作りたい形状ではないもんね。

鼻とか目とかも作りこんでアンティークドールよりはポップで
優しい感じのお人形さんを作りたいです(淡い期待)。

当然髪の毛はHairでいきたいところ。
ShadeBasicでは出来ないのでCarraraに持っていってみたんですが、
鏡面コピー側の生え方が変だった。面の表裏が逆になってるのかもしれない。

前にCarraraでリカちゃん系のは作ったので

ジェリカちゃん05
コレよりはよくしたいですよね。

巷で話題のPerfumeのBVH、
Blenderではちゃんと読み込めますね。でもバインドの方法を知らない(笑)。
素のCarrar8ではインポート項目には.bvhはあるのに読み込めなかった。ムック付録の6Proでは読み込めたしバインド(atach)もできた。でもモーションが変。
足が浮いちゃう。最後のおじぎのところなんて頭を下げるんじゃなくて
足が上がっちゃう。

顔遊び

こっそりしもぶくれに戻しているのはナイショだっ
相変わらずのいつものキメ顔。ほとんど変化なし。というか
三歩下がって二歩下がる(笑)いつもの感じですな。

節目の伏し目
年度変わりの節目ということもあり、「伏し目がち」の顔。

調子に乗って(笑)

「ながーい目で見てください」って顔だな
ボサーッとしてる顔じゃないよ。「菩薩顔」(くっ、苦しい)。

このままいくと変顔大会になるのでこの辺で…。

紅茶を濁す

へたくそだぞっ、っていうクレーム一切お断り(笑)
今週はあんまりShadeもいじれず、
クレームブリュレでお茶お濁す。
ま、洋菓子なんで紅茶を濁すといったところでしょうか。

とかいってたら、
きょうきょういくてれびで(今日教育TVで…ETVか)
クレームブリュレを扱った番組をするそうなので見てみよう。

今のところShade13で困ったところはないです。
64bitでストライプ-ボックス投影のバンプ適用も落ちないようです。

いるでやんすキャッシュ

Shade13を入れました。
さっそくBasicの数少ない恩恵のひとつ
イラディアンスキャッシュをいじってみました。

実験材料は今いじってる部屋をノーマテリアルの白部屋にして使用しました。
天井/壁アリで右側の壁に窓用穴があいていて、光源は背景基本色(232.236.255)のみ。これはShadeにはイジワルとしかいいようがない設定(笑)。

文句を言う気はさらさらないがザラザラです
これがShade12でのパスパス(イラディアンスキャッシュオフ)。レイトレーシングの画質500(笑)でもこのノイズ。いかに苦手な環境かがわかってもらえるんじゃないかしら。
まずはコレが基本。

続きを読む »

 | HOME | 

Calendar

« | 2012-04 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

Kishida

Kishida

Merkmal@prosopopoeiaへ
ようこそ。
趣味で3DCGをしている
ハゲおやじです。

FC2Ad

まとめ