Merkmal@prosopopoeia

趣味の3DCGの途中経過をだらだら書いていきます

いいね!

前にShadeで作った白い部屋を.objにエクスポートしてCarraraで読み込みOctaneのデモ版でレンダ(デモ版は画像をセーブできません)。

Shadeの白壁をOctaneでレンダ
文字化けは気にしないでね(Shadeの日本語名称形状をエクスポートした結果だから。画像上をマウスを走らせるとそこの形状の情報が出るようです)。

エクスポートはまず、部屋のみ(ポリゴン、自由曲面混合)を「分割しない」でエクスポート。別に自由曲面のソファを「分割しない」でエクスポート。

ライティングはオブジェクトライトの実験目的もあるので、Carraraに行ってからソファの奥と左の窓のたくさんある側にそれぞれ「Glow」で発光させた1枚板を置きました(Anything Glowsじゃなくてね)。

エクスポートの不具合
この絵のソファの奥の窓のあたりが暗くなってると思いますが、これは「分割しない」で出した形状の分割がおかしいから(分割しないなのに(笑))。

Shadeの状態では

Shadeのパストレはいいかげんモデリングでも大丈夫
こんな感じだったものが

ちゃんと分割しないとだめだよね
エクスポートでこうなった。
これは
1.Shadeの時点でちゃんと「賢い形状」を作る。
2.ちゃんと分割してエクスポートする。
3.Carraraで修正する。
って感じで対策すると思うのですが、

ほらね。モデリングをきれいにすれば結果もきれい
今回は3でやってみました。久々にCarraraのモデラーを触るのでヒヤヒヤしましたが、なんとか覚えてました(というのはウソで、とりあえずやってみたら思い通りの動きだったので覚えていたことにしました)。

Shade→Carrara→Octaneっていう流れは意外とストレスがなくスムーズに感じました。ホントはCarraraでモデリングすりゃいいじゃんって話なんですけどね(笑)。

レンダラーとしてはさすがは物理ベース、形状とライティングがちゃんとしいてれば、「手練」だとか「手管」だとか(笑)がいらないので 簡単なんでしょうね。
このレンダラは終わり方を自分で前もって決められるタイプ。サンプル数を決めておけば勝手に終わります。デフォルトは3000。今回の絵はまだザラザラですが、時間をかければかけるほどきれいになるのでしょう。


買わないけどね。

ついでに、
ダウンロードで買った形状のプリウスをShadeでレンダしたのを貼っておきます。

プリウスをShadeでレンダ
接地感がいまひとつかな。

汁権利

われわれにも「汁権利(しるけんり)」はあるぞーっ!!
(Shade Basicユーザー心の叫び・笑)

ってことでもういっちょ汁物を。

坦々麺を淡々と
汁面形状のマテリアルをいじっていたら、味噌ラーメンというかとんこつしょうゆというか濃い汁ができそうだったので坦々麺を淡々と作るであります。今回は透明度が低いという利点(?)をいかし、麺に色をつけるんじゃなくて、汁を多層構造にする方法でのニセ減衰です。何が功を奏したのかはわからないけど、減衰具合はいい感じじゃないかと。

みえないところにたくさんの麺がある
麺もひき肉(ひき肉には見えないけど)も全部実体っていうド変態仕様(笑)。麺を上げたり下げたりすることで、見える量を調整します。現在はかなり沈め気味、今後調整して見える量をきめます。というか、麺を大量に作ったはいいが(ほとんどコピペだけどね)坦々麺って実際はほとんど麺が見えないじゃないかっ(笑)。

具を増やしたり(何にしようか。もやしかネギかザーサイか)、色々調整をしたり、もうちょいいじるつもり。半熟味玉がきたないですね(笑)。

Carrara 物理ベースレンダラへの道

今や、MAXWELLに代表されるような物理ベースのレンダラーはたくさんあって、それぞれが、色々なソフトに対応していますね。私はIndigoというレンダラー(無償バージョン)にちょっとだけ触れたことがあります。Blender経由ということでなかなか手になじみませんでしたがすばらしい絵を吐き出してくれました。そんな中、OctaneRenderというレンダラーがCarraraに対応したというのです。
Carraraって日本でどれくらいの人が使ってるんでしょうね。Poser/Dazがらみ以外の人で使ってる人ってホント少ない気がします。2chのShadeスレも過疎っていますが、Carraraのスレはそれ以上(笑)。スレが残ってるのが不思議なくらいで、OctaneがCarraraに対応したって情報もShadeスレで知ったくらいですから(笑)。

で、本題のOctaneRender(オクタン)ですが、CUDAを使ったGPUレンダーってことらしい。つまり、nvidiaのCUDA対応のビデオカードをつんでいないと動かないってこと。
うちにはCarraraはあるし、GTS450がこわれたので(笑)載せ変えた9500GTとはいえ、堂々のCUDA対応ビデオカードですよ。

最初に言っとくよ。買わないよ(キリッ!Carrara用プラグインとOctaneStandaloneで379ユーロ)。買わないけどDemoバージョンがあるので試してみたい。

で、早速Octneのスタンドアローンとプラグイン(for Carrara)のDemoバージョンをインストール。
ちゃんとインストールされてるっぽいが、レンダが始まらない・・・

必須ドライババージョン
あうっ、ビデオカードのドライババージョンが古かった。最新に更新。

今度こそ・・・始まらない。

必須CCバージョン
おうっ、Computer Capabirityってやつが条件をみたしてない。(どんなものかは知らないが(笑)2.0以上必須のところがうちのカードは1.1だ)

要は性能に関係なく若干新しめ(400番台以降)のカードじゃないと動かないよんってこと。

終了・・・

いや、ビデオカードを買おう、安いやつでいいんだから。
とかいいながら550Tiの中古を買ってきました。もっと安いやつがよかったんだけど、近場の店は軒並み中古コーナーが縮小あるいは廃止になっていて安いビデオカードはほとんど売ってなかったです。これからは中古はネットじゃないとだめかも。

よし、条件はそろった。

まずはスタンドアローンを立ち上げて、サンプルシーンを読み込んでレンダスタート。

サンプルシーンのレンダができた
うまくいきました。Indigoの経験が生きて、英語のセッティング画面をみても気後れせずに「あっ、これはあれだな」とわかることも多いです。太陽位置は緯度経度日付時間で設定、ガンマ、絞り、フィルム等はレンダ後に変えられますね。

いよいよCarraraです。
前に読み込んだことのあるsponzaを開いてみました。
プラグインを呼び出してスタートするとレンダはされましたが、ボケボケ。
CarraraのカメラのDoFの設定の調整(Blur Intensity)でボケ味を直し、レンダしたのがコレ

carraraでも絵がでた

太陽設定はCarraraのRealistic Skyで設定。
太陽位置を変えてみた
まあね。いいよね。でも思ってたのとちょっと違うかな。

そこでプラグイン側のSettig WindowのRender TargetタブのKernelがDirectLightingだったのでPath Tracingに変えてみると

レンダ手法をパストレに
パストレ&逆光
うん、これならいいんじゃない?でも、「物理レンダの面目躍如OctaneRenderの実力が出てる」って感じじゃないよね。たぶん設定を追い込めばいい絵が出るんだと思う。

ということで満足しました。
ってことだけのためにビデオカードを買ったのは無駄遣いだわぁ。
罰として、買おうと思っていたウイスキーを年内買わないの刑に処す(笑)。

これは怒られるやつ(笑)

卯花墻(器)でうどんを食う。
せっかく国宝で食べるんだから、今一番お気に入りの食べ方
「月見うどんfeat.きつねとたぬき」にしました。

つきみきつねたぬき
つゆ(出汁)の色がいまいちなのと、ねぎがちょっと浮いちゃってる感じですが、揚げ玉はわりとうまくいった気がします。

器は前に作った「卯花墻」の写し風。
そうそう、「写し」ってちゃんと書いておかないとね(笑)。形もそうだけどテクスチャも自前の手描きなんで品がないんだよね(そりゃそうだ・笑)。
CG陶芸ってジャンルを作るとしたら、写しものをやるときはマテリアルに写真テクスチャ厳禁っていう条項を入れたいよね(どんな妄想だよ・笑)

ダイハツのcocoaって車(トリンドルさんがCMに出てるヤツ)に「雪ミク」バージョンってのがあるらしい。ミクとのコラボといっても、いわゆる「痛車」風じゃないので、女子が乗るとかわいいかも。

ニセ元帥きたるっ!!

なんで昨日急にうどんの話をしたかというと、ちょっとShadeでうどんを茹でてたから(笑)。
アルミなべの中にだしというかつゆを作って、うどんを数本入れてみる。

アルミ鍋でうどんを作る
えぇ、いいんですよ、コレでも。うどんのつゆなんて元々透明度が高いんですから。
でもね、これじゃ「おまえは、沖縄慶良間諸島の海かよっ」ってくらい透明なので100mいっても200mいってもうどんの色は変わらずってことですよね。
ボリュームレンダもCarraraでいうところのabsorptionも使えないので「減衰元帥」が呼べない(笑)わけです。

ここは得意の(笑)「ニセ」のシェーダーでごまかすしかないってことで麺全体に色をつけてみることにしました。
麺全体に上を白く、下を暗く色をつけて見ると、

うどんでつゆのボリュームを表現する
こんな感じ。つゆ自体は減衰してないけど、麺は減衰(日本語としておかしいけど)してるようにみえますね。

うどんに減衰値を与える
麺だけレンダするとこんな感じ。

まぁ名づけて「ニセボリューム」ってことなんですが「ニセ元帥」のほうがかっこいいな(笑)。

昨日のの流れで、スコッチウイスキーのスコットランドが独立しそうだとか、しなさそうだとか。独立がいいのか悪いのかは正直わかりませんが、住民投票による平和的独立にチャレンジできるのはいいよね。スコッチウィスキー業界は独立反対だとか。久しぶりにウイスキーを検索して遊んでたら、ザ・グレンリベット12年を飲みたくなたっよ。

そういえば、10日くらい前の話だけど、ノートンの延長っていつもは優待版を買って、CDは開けずにキーだけ入力して延長してるんですが、今回残り30日を切ったところででた警告でシマンテックのサイトに行ってみたらキャンペーン中らしく2980円(税別)で更新できたので良かった。ちょくちょくキャンペーンをやってるらしいけど、お知らせを受け取らないにしてるから、いつやってるのか知らないんだよね。まぁ、更新時期にやってたらラッキーって感じでいいんでしょうね。

大江アナ、結婚おめでとう!!(えへへ)

貧乏に「症」をつけてもリアル貧乏を病気のように見せかけられるわけじゃない

自分でうどんを作って食べるときのつゆは、お湯に軽く鰹節で出汁をとり、それに市販の薄めて使うタイプのめんつゆを入れて作ります。

この前、スーパーでうどんに入れるための「味つきのおあげ」を見つけたので試してみたんですが、ひさびさのヒットでした。
具としては揚げ2枚、卵、揚げ玉少々、葱少々って感じなんですが、揚げの甘い汁とめんつゆの混じったひと口目の汁が強烈にうまい。人生でいろんな汁をすすってきましたが(笑)、これはかなりの「至極汁」でした。ふた口目からはまぁそうでもないんですけどね。

汁物でいえば、蒸留麦汁(ウィスキーって事です・笑)の話をちょっと。
舌と財布が「ビンボー」でおなじみの私も一時期ウイスキーにはまりそうになったことがありました。モルトウィスキーが楽しくて色々試してみたんですが、俺の舌には結局安くてうまい「グレンフィディック12年」でいいじゃないか。ってところに落ち着きました。よく買ってたころは2000円くらいでした。
その後竹鶴12年に出会いました。高くてうまいのは当たり前でつまんない。安くてまずいのは泣きたくなる(笑)。「安くてうまい」にこそ価値がある、「安物買いの銭失わない」が座右の銘のわたしにはぴったりなウィスキーでした。
それからあんまりお酒を飲まなくなってしまったんですが、竹鶴12年はもう売ってないんですね。いや、売り場に竹鶴12年とノンエイジの竹鶴が一緒に並ぶようになり、あぁ、2種体制でいくのかな、と思っていたら12年が売り場から消えていったので「あぁ終わりなのね」とはうすうす気がついてはいましたが、やっぱりそうだったか。今年の3月に販売(出荷?)終了ってことだったらしい。
今売ってる竹鶴ピュアモルト飲んでみようかなぁ。余市と宮城峡の飲み比べってのもおつだなぁ(いや、別々に飲むと高いからやらないな、きっと(笑))

3DソフトにShade Basicを使ってるのも、骨の髄まで染み込んだ貧乏性のなせる業。(タイトルに戻る・笑)


コスプレのコスプレ

とりあえず、つぼを着せてみた。楽しかったのでさくさく進んだ(笑)。

壷を突き破って出てきたわけじゃない
こういうの何回かやったけど、これって何次創作(笑)だよ。
アイドルが着ていたアニメのコスプレ衣装のコスプレ衣装を作り自前キャラに着せるとか・・・ファンアート(都合のいい言葉)ってことでお許しください。

オリジナルのコスプレ(笑)では、ヘアスタイルがデコ出しなので、自前キャラもデコ出しに挑戦したんですが、おさまりが悪かったので断念しました。

ツボにはまる

もう9月ですよ。東京ガールズコレクションも、もう秋冬ですよ(笑)。
そういやぁ、しばらくちゃんと服を作ってない。

一着服を作ろうと思ったんですが、いいのが思い浮かびませんでした。
それじゃあってんで、アイドルさんが皆さんご存知「大魔王」がでてくる壷のコスプレをしているのがかわいかったので、そのコスプレ衣装を作って自前キャラに着せてみよう作戦にでてみます。

はっ、はっ、はくしょ~ん。
このくらいのときが一番楽しくて、実際着せてみるとあんまりぱっとしないってことも多くて、なかったことになる可能性もあるので、この時点でアップしておきます。

明日というか、今日というか錦織選手の決勝をNHK総合で録画放送するらしいですね。ありがたやありがたや。

白壁コンプレックス

Shadeの風土病と呼ばれている「白壁コンプレックス」(うそだけど)、

私もかなりこじらせていて、無理だとわかっていてもうやめようと何度も「禁白壁」宣言するんですが、どうしても我慢できずに手をつけてしまいます。まさに「マゾヒスティックShade白壁依存症」(これもうそ)

で、今年もやってみて、もちろん満足な出来ではなかったんですが、今回は新しい試みとしてレタッチソフトにたよってみました(これはホント)。

白い壁は白いから白く見えるわけじゃない
フムフム、かどの柱のところ床と壁の境目に問題ありとはいえ(これはレンダあるいはキャッシュの品質をあげるかどうかの問題)、全体の雰囲気は、悪くない感じ。だけどせめて、このくらいはノーレタッチでだせるようにセッティングつめろよって話なんですがね(ホント)。

話は変わって、modoでもV-rayが使えるようになるんだとか。modoって内部レンダラも優秀ってイメージがあるけど、益々いい感じになっていくんですかねー。まぁたとえShadeでV-rayが使えるようになっても買わないんで関係ない話だけど。

 | HOME | 

Calendar

« | 2014-09 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

Kishida

Kishida

Merkmal@prosopopoeiaへ
ようこそ。
趣味で3DCGをしている
ハゲおやじです。

FC2Ad

まとめ