Merkmal@prosopopoeia

趣味の3DCGの途中経過をだらだら書いていきます

米戸脇照美

あるいは枕元日出男。

自室のベッド脇のTVあるいは枕もとのビデオとして毎夜活躍中の中古ポータブルDVDプレイヤー(実質はTV録画をムーブしたDVD-RW再生装置)。
先日ふと裏返してみたら、

電池がパンパン
(この写真は一回はずした電池パックを元に戻した再現写真)

電池パックがパンパンで、両脇のねじ止めがなかったら完璧にふたがふっとんでると思われる状況。普通に使えているけど、この状態で使い続けるのはあまりに危険。しないとは思うが発火や爆発が起きても文句は言えない。じゃあどうする。

メーカーに電池パックの交換をたのむ。
多分高いよね。中古で買ったやつだからそこまでしなくても。

サードパーティー電池パックを買って自分で交換する。
これは後でわかることですが、どうも売ってなさそうだ。

あきらめる。
そうだねー(笑)。でも、機能・画面ともに問題なしなのになー。

考えてみれば、ポータブルとはいいながら、ほぼ据え置きなのでAC電源が使えればそれでいいわけです。しかし電池パックを付けたまま使い続けるのは危険すぎる。

ってことで、結論は「自分で電池パックをはずしたのちでも、AC電源のみで使用できるに違いない」にかけてみることにした。それでダメならあきらめる。

コレ以降は完全自己責任の世界(笑)。

電池のふたを開ける。
カートリッジをパカッと取り外すくらいだろうと思っていたら、なんと電池パックにケーブルが直付け。おまけにパックが本体にくっついているぞ。直付けって時点でなんか電池はずしたらACだけでは動かないんじゃないかと根拠のない不安がよぎる(笑)。

電池パックは両面テープで本体に貼り付けてあるようだったのでべりべりと剥がし、ケーブルはしかたがないので引きはがした(乱暴)。

ぷっくり電池
取り出した電池パックはコレ。

電池につながっていたケーブルの先はむき出しにならないようにテープを巻いてフタをしめる。そしてAC電源をつないでみると・・・普通に動きました。

ACだけでも動きます
無事DVD-RWも再生できました。

「でんちがふくれたりもしたけれど、私はげんきです。」
(魔女の宅急便のキャッチコピー風)

フレンチボブ

短冊トリートメント(ただ短冊の幅をせまくしただけじゃねーか・笑)によって髪質が良くなったことに気をよくしてスタイリングをちょこっとつくってみました。

短冊トリートメントでフレンチボブ(笑)
前回の記事の前髪をショートにしたところからの連想でフレンチボブに。
フレンチって何よ。とか、どこがフレンチだよ。とか突っ込まないでっ(笑)。もうちょっとサイドにゆるくウェーブをかけてエアリーにしたいところだけど、なかなか思い切れないですね。

新しいShadeはプラグインでいろんな便利ツールを提供する方針のようですね。Basicは蚊帳の外ってことになるけど、上位グレードのメリットっと考えるとしかたないのかもね。個人的には残念ですけどね。

追記1/27

フレンチボブで外出(笑)
お外に出してみた(笑)。というか、背後にあった壁を取り除いただけですけど。サイドの髪は短冊の幅が広いところが多々あり、ちょっとざらつきが大きいです。

たれ耳ボブ
たれ耳の犬感がハンパない(笑)。「ビーグルボブ」と名づけよう(ウソ)。




前髪で遊ぼう

重い前髪
これを

オンザ眉毛
こう。

ファッションですってば
そして、こう(笑)。ここまで上げるとさすがに「ファッション」ですよっ!!失敗したんじゃないですよっ!!て意味もこめて隙間を作ったりしないと収まりが悪くなりますね。しかし、上二つは隙間を作らないようにするため短冊の幅が広かったんですが、これは形を整えるために短冊の幅を狭くしたので髪質が良くなりました。横着をしちゃだめよってことです(笑)。


ニセアイプチ

ってことはさぁ、瞳の周囲が少しぼけてるのって、強膜と角膜の境目部分の影響ってことかい?

独り言の途中からで(笑)こんばんは。

私が使ってる眼球は、ただの球体にラップでテクスチャを貼ってるだけの、最初に人体を作ったときのものをそのまま使っていて(多分樋口誠さんの本に載っていた方法)、テクスチャの描き換えはしたと思うけどたぶん人体の中では一番のレガシーオブジェクト(笑)だと思います。その上でそんなにリアルでもないけど、そんなに不満もないっていう優良債権(笑)。

でも、今ならさすがに違うやり方でもそれなりのものができるんじゃない?ってことで試してみました。

それで目の構造を調べてみると、へぇ~とか、なるほどねぇとか思うことがいっぱいありました。
んで、考えてみりゃ当たり前だけど白目(強膜)と瞳の透明部分(角膜)ってつながってるんだよねぇ。そこの境目のところががデジタルじゃないから(ちょいグラデーション・笑)奥にある瞳の虹彩の周辺がちょっとボケるのかなぁ、と空想しました。

眼球形状硬膜角膜一枚皮
ということで、
まずは強膜と角膜を一枚皮で作り、角膜部分に透明設定を適用します。その際境界付近にはグラデーションをかけておきます。

角膜境界は透明度ぼかし
角膜の向こう側(笑)
黒く見えますが角膜部分は透明で棒を挿すと奥が見えるのがわかります(屈折率は1.37にしました)。

虹彩のための形状
瞳孔に孔はあいてないんですけれども
その上で虹彩部分のテクスチャを置くとこんな感じ(今回は球をスパッと切った形を強膜内側においていますが、ただの平らな円形でもいいと思います。

もちろん瞳孔部分はホントに穴を開けて奥に水晶体を置いてってことをやってもいいし、やらなくてもいいと思います(それは人それぞれ・笑)

テクスチャがまだ「アレ」なんで今まで使ってたのとあんまり変わらないんですけどね。構造的にはなかなかよろしいんじゃないかと。ま、自己満足ですよ(笑)。瞳の大きさは顔にあうサイズを決めないといけないかもしれません。

あと、もうひとつ、タイトルのヤツね。

ぼんやり二重
うちの二重まぶたはただ「くの字」形にへこんでるだけだったので、サブデビもかけるしあんまりはっきりしなかったんですよね。

くっきり二重
ですから、くの字形に対し1本ラインを追加しました。
それによって分割が細かくなるのでサブデビの影響が小さくなり、二重をはっきりさせることができました。アイプチくらいお手軽な方法ですね。ポイント(ライン)を追加する分にはUVもこわれないので安心です(面を貼り替えちゃうとアウト)。

まぁ、この辺のことはオープンサブデビが使えるようになると楽になるんだとおもいますが。

最後に、今回作った眼球の虹彩を描いたオブジェクトを抜いてみると・・・

赤目ってこういうことかな
大雑把に言うとこれが写真を撮るときのストロボ(フラッシュ)の赤目現象ってやつだよね。

猫っ毛はCG製作者の憧れ(ウソ)

やっと、髪の毛を何とかしようという気になってきました。と言っても新しいことをするわけじゃないんですけどね。形状は今使ってるやつだし、マテリアルはアルファ抜き実験で作ったやつ。それらを得意のちまちま微調整(笑)でなんとかしようという作戦です。

猫っ毛なんでボリュームが出ないのが悩みなんですぅとか言ってみたい(笑)
モノクロにするとやっぱ落ち着くね
モノクロームは七難隠す(Shade格言・笑)

重めバングのストレートロングで、ほんのちょっとだけアッシュの入ったダークブラウンって感じですかね。1本の髪の太さはこんなもんでしょうか。

このスタイルなら1マテリアルでいけるから楽チン。使う画像も1枚ですむし単色だから髪色変更も簡単だしね。

肌材質のこともおいおい考ることにしましょう。

ドーイツ人

おかめちゃん(左)もかわいいけどね(笑)
同じポリゴンから出来ているので自分の中では左右は同一人物(笑)。ずいぶん違うよね。年も変わりいい兆しがみえてきました。
絶不調だった年末のほうもがんばっていじってたつもりなんだけどねぇ・・・(笑)。いじりつづけてりゃいいこともあるよってことかな。
今日のShade格言
「下手の横、好きこそものの上手なれ」(おそ松・笑)

モデリ初め

日本国民が年の初めに書初めをするように、3DCG民(サンデーシジミン)の年始の行事はモデリ初め。今年も一年3DCGを楽しんでいこうと、キモチをアラタにするわけですよ(笑)。

今年は椅子のモデリングからスタートしました(年明けにちょっと去年からの顔をいじっちゃったけどね)。

きっかけは「神は細部に宿る」を調べてたら、ミース・ファン・デル・ローエに当たって、あぁ、バルセロナチェアの人ね、バルセロナチェアって3DCGでよく見るし、みんなすごいリアルなのつくってるよねー。でもラウンジチェアのCGはあまり見かけない気がするので、いっぱつやってみるかってことで作ってみました。

神は宿っていない・・・神無月のようだ
まずまずの出来。神は宿ってないけどね(笑)。

「神は細部に宿る」については、なにはともあれ、おおもとの基本がちゃんとしてることが前提。その上でさらにドンッ!!、って話だと理解した。ま、基本が出来てない私には雲の上の話。

今年の3DCGのスローガンは
「木を見て森を見て」って書いておこう(笑)。

ところでデアゴスティーニが「週刊マイ3Dプリンター」って出してるでしょ。期間はほぼ1年だそうだけど、コンプリートして3Dプリンターライフを楽しむ人がどれだけいるんだろう。

そんなわけで、今年もよろしくお願いします。

1/10追記
椅子をいろんな部屋に持ち出してみた(笑)。

曇天の部屋
陽光が暖かい部屋
みにちゅクッションの部屋(笑)


 | HOME | 

Calendar

« | 2015-01 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

Kishida

Kishida

Merkmal@prosopopoeiaへ
ようこそ。
趣味で3DCGをしている
ハゲおやじです。

FC2Ad

まとめ