Merkmal@prosopopoeia

趣味の3DCGの途中経過をだらだら書いていきます

ショショの事情な要件

下の記事を上げてから、諸々の事情によりShadeをまったくいじれない(いじる気もおきない)ってことになり(基本的には風邪引いてそれが長引いたってことなんですけどね(笑))、もう年末ですわ。今年もクリスマスケーキネタも新年干支ネタもナシですが、皆様にはどうぞよいお年をお迎えください。そして私にはどうぞよいお年玉をください・・・切に(笑)。

クニクニの呪文

↑この呪文を唱えると「苦肉の策」が出現します(よく唱えます・笑)。

Shadeを触ってないわけではないんだけど、がっつりやてるわけでもないので記事にしてあげるものが何もないんですよね。

今は

今までいじっていたステージでは背景補正が効いて一見ヨサゲに見えるけど(ソーデモナイダロ・笑)、別の背景または背景ナシに持っていくとなかなかの「貧相さん」なんですわ。なので

おとなしい背景のもとに持っていってちょこちょこいじってお得意の「3歩進んで5歩下がる、ゴホゴホッ・・・」中でございます(笑)

アバターもえくぼ
で、これは何かというと

ShadeのBasicはSSSがないから発光でそれっぽく見せているわけですがやっぱり「ニセ」ですから深みがないわけですよ。結局シリコン人形になるだけなので。そこで拡散反射にはに肌の反対色を入れた上で肌テクスチャ(といっても肌の色の上に唇と目の粘膜部分にピンク色をおいただけですが)を貼り、マップの適用率を下げることで「ニセ深み」を出そうという作戦です。

上の絵は適用率0.8、これを適用率0.5まで下げると(やりすぎだけどね)

不健康(笑

この方式で拡散反射マップをちゃんと描いた上で発光をマップで制御できれば「ニセSSS」の「ニセ深み」も増すんじゃないかなと思うシダイであります。

12/6追記

上のモデル、拡散反射(テクスチャマップのほう)の適用率を0.7にして、いつも使ってる背景のもとに持っていってみると、

いつもの背景
背景補正恐るべし(笑)。

そんなことより、「ちゃんとしたテクスチャマップをさっさと描きやがれっ」と自分で自分に言いたいです(てへ)。

 | HOME | 

Calendar

« | 2016-12 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

Kishida

Kishida

Merkmal@prosopopoeiaへ
ようこそ。
趣味で3DCGをしている
ハゲおやじです。

FC2Ad

まとめ