Merkmal@prosopopoeia

趣味の3DCGの途中経過をだらだら書いていきます

偶然にみせかけた当然

別にヨーロッパづいているってワケでもキリスト教芸術づいているわけでもないんですが、ルネサンスやバロック期の彫刻を浅く、浅ぁ~く見てたりすると当然建物のほうにも目が向くわけで、なんかひとつShadeで組立てようかなと思ったんですが、どれもこれも凄すぎて引くゎ(笑)。画像検索のなかからなんとかこのくらいならと「サンカルロ・アッレ・クワトロ・フォンターネ聖堂」(名前長いよ(笑))の本体のとなりにある回廊を中からの視点で作るってのをやってみようかと。
まずは「いけるのか、オイ」ってことでShadeのスチレンボードとケント紙で模型を作ってみます(ほぼ意味不明・笑)

最初がコレでよく続けようと思うね(笑)
うむ、コレはヒドイ(笑)

普通このできだと、この先の苦難と途方もなさに「無理、ハイ終了」となるところですが、それは諦めが早すぎるだろってことでもうちょっと粘ってみるのです。

ちょっとねばってみた
↑いまココ。「建築ものはコピペが使えるんでありがてぇぜ、しめしめ」と思っているところ。これなら多少続けてみてもいいかも的な感じですね。


でもスケール感が全くないんですよね。回廊に囲まれた中庭ってことになるんだけど、全然そんな感じがしない(完全に狭い室内にしか感じないわね・笑)。

焦点距離とあおり補正
あと、光が入る場所が抜けてる天井の部分しかないのもShadeのレンダラーにとっては厳しいところじゃないでしょうか。

それから、この聖堂自体の設計者、調べてみるとフランチェスコ・ボッロミーニという人だそうですが、ベルニーニの下で仕事をしていたんだとか(関係性はあまりよくなかったようですが)。ベルニーニの彫刻風なものを作った後に建物をはじめたらベルニーニの下で働いていた人のものだったなんて、何たる偶然!ヨーロッパ芸術の世界は広いようで狭いぜっっ・・・と思ったんですが、
考えてみれば、ベルニーニの波に乗ってネットサーフィン(死語か?)してるわけだからこれがひっかかるのも当然の結果なのかもしれません。

ってな無駄口はこのくらいにして、しばらくはコレをいじってみようかなとおもっとります。

夢の続き(笑)

夢でも見ていたんでしょうか、今日Shade3D17を起動したらボリューム設定は消えていました。テキトーな想像で言うと、シリアルを打ち込む前の初回起動に限りそんな感じになるのかな。Basicのシリアルを打ち込めば使えなくなるんだけど、起動時の表示だけは残っちゃうみたいな。

ね、ボリューム設定あるでしょ
表示があったときの思い出(笑)。

せっかくサブマシンにハードにCPUを使うShade本体を入れたので、ついでに「今でしょ、夏のPC健康診断!!」を敢行。

といっても、レンダリングをしつつハードウェアモニターを走らせるだけですが(笑)。

CPUはCorei7-3770 クロック上限3.0Ghzに固定 リテールクーラー
(定格で使ってもいいんだけど、ジャンクPCに載っていたCPUなので甘やかしてる・笑)

10分間Shadeでレンダリング(使用率は4コア8スレッド100%にベタ付き)その後しばらくアイドル状態で放置

63℃なら大丈夫
レンダリング中に温度上昇が止まった状態の時の最高63℃なので問題なしですね。たぶんメインマシンのi5-2500Kのほうが温度が高いと思う(見ないふり・笑)

ぬか喜びに釘(笑)

私はShade14はインストールしていません。自分の使い方では必要ないなと思ったので(笑)。で、たぶん17もこのままだと入れないで終わるだろうなと思っていたんですが、せっかくダウンロードしたんだから入れてみよっかってことでサブマシンに入れてみたんですが、

ぬか喜び(大笑い)
むむむっ、Basicなのに「ボリューム設定」あるぞっ!!おまけにグレー表示じゃなくてチェックできるじゃないかっ。まさかね、動くのかっ!!


いや、動きませんでした(笑)。そして今回も私の唯一の望み「レイヤの共有」も生きていませんでした(まぁね、そうだよね。アナウンスされてませんからね、あれっ、下の記事にも別の唯一の望みを書いてたね、じゃあ唯二の望みってことで)

モコクスプレ(笑)

以前いじっていた、ベルニーニの「福者ルドヴィカ・アルベルトーニ」みたいなやつをある程度仕上げました。摸刻っぽいけど、顔と手は自作の女性キャラの形状なのでモコクというよりはコスプレつまりはモコクスプレ(造語・笑)

ルドヴィカのコスプレ
で、日付的にはパリ祭の7月14日、Shade 3D ver.17が発売されたってことで(パリ祭とは関係ない・笑)前回取得に失敗したフォーラムのアカウント、今回は取れましたので、上の絵をそっと画像投稿機においてきました。
バージョンアップは申し込んでありますが、Shade3Dに関してはBasicユーザーの私からは特にいうことは何もございません(笑)、Shadeが今後も末永く続いてくれることが唯一の願い(悲哀)。結局のところ自分にはShade3Dのbasicで十分なんです。高機能をさわりたくなったらblenderかな。

ワイヤーはわやだな
透視図のワイヤーフレームはこんな感じ。

7/15追記

がんばって掘ってる途中
作業途中の形状だからなおさらだけど、視点を変えるとけっこういいかげんな作り。特に視点の奥の見えない部分は本物の彫刻の資料もないので作りこむ意欲が湧きませんね(笑)。

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

Kishida

Kishida

Merkmal@prosopopoeiaへ
ようこそ。
趣味で3DCGをしている
ハゲおやじです。

FC2Ad

まとめ