FC2ブログ

Merkmal@prosopopoeia

趣味の3DCGの途中経過をだらだら書いていきます

Blender導入

カテゴリーにBlenderが追加されました。

sajunさんがBlender導入し、ブログを拝見してるとAO(アンビエント・オクルージョン)が結構GIっぽい絵を吐き出すようで「んーっ、こりゃたまらん」ってことで、いてもたってもいられず追っかけリーチ、じゃなかった追っかけBlender。

BlenderでGIも、っていうと、普通はYafRayを入れてってことになると思いますが、それは後回しにして(笑)、今回は気になってるまじめ系レンダラ(笑)indigoを最初から入れてみようっていう、クラーク博士もびっくりの大志を抱いた挑戦であります(たいしたことない・・・)

そのBlender熱の元凶の(し、失礼な、頼みの綱の)sajunさんはゴールデンウィークは帰省されるらしいので、indigo導入関連の更新が止まるらしい・・・例年通りの「幸せなグータラウィーク(GW)」の私は待ちきれず自力で入れてみることにします。

初期の目標はindigoでレンダリングする事です(なんか本末転倒な気もしますが・笑)。

用意するもの
Blender(フリーの3Dソフト)
indigo(少し前まではフリーだったけど、現在は有料のレンダラ。しかしロゴの入る非商用の試用版があるのでそれを使用)
blendigo(indigoのblender用エクスポーター)

Blenderのインストール
indigo(blendigo)を使う場合はインストールの際の
Choose install Locationの最後「Prease specify where you wish to install Blender's user data filed」を
デフォルトの「Use the Application Data directory」から
その下の「Use the installation directory」に変更すべしと教えていただいたので変更します。

インストール中、うちではPythonが必要だといわれてPythonのサイトに誘導されたので、なすがままにPython2.6.5を落としておきました。
実際blenderを起動してみると「Pythonが足りないのでいくつかのプラグインが実行できないよ」的なメッセージが出たので、落としてきたPythonをインストールしました。

indigoのインストール
以前はインストーラーなしでzipファイルを展開するだけだったらしいのですが、現在はインストーラー付の.exeファイル。特に気をつけるところはなかったと思います(よく覚えてないけど・笑)。

blenderアイコン
共にインストールされました。

blendigoのインストール
参考にさせていただいたところではインストール中blenderとindigoのフォルダを聞かれる項目があったのですが、今回のインストールでは聞かれなかったのでちょい不安になりましたが、聞かれないで終了してしまったものはしょうがないとあきらめます(笑)。

BlenderのRenderメニューをみると、

renderメニュー
こうなってるのでちゃんと入っているものと思われます。

次回へ続く。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-05 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

Kishida

Kishida

Merkmal@prosopopoeiaへ
ようこそ。
趣味で3DCGをしている
ハゲおやじです。

FC2Ad

まとめ